日本の医療制度の良い点とは何か

病気になった時に自己治癒出来ない時は病院に行く必要もあります。
医療費は普段あまり意識していませんが、全額払って受診している人はほとんどいません。
それは日本の健康保険制度で負担額が3割程度だからです。
企業に勤めている人ならば厚生年金に加入していて、自営業の人ならば国民年金に加入する事が義務付けられています。
毎月保険料として支払いをする必要がありますが、この制度のお陰で病院にかからなければいけないような病気になっても安心して受診出来るのです。
この制度は相互負担が基本になっているので、国民健康保険料を払わない人がいると自己負担以外の部分を払う事が出来なくなってしまいます。
健康保険で賄える病気は全てではありませんが、一般的な病気はほぼカバーされています。
民間の医療保険も、ネット保険会社などの充実で安くて魅力的な保険が増えてきています。
加入時期や保険料を考えながら民間の保険にも加入しておけば、長期的な治療が必要になった時でも安心できます。