なぜ風邪は万病のもとと言われるのか

風邪といえば多く人が一度はかかる病気の一つかもしれません。
主に冬にかかることが多いですが、夏風邪やその他の季節に引くときもあります。
風邪は風邪ウイルスに感染した状態をさし、感染したかどうかは風特有の症状が出た時に認識します。
くしゃみや鼻水、のどの痛みなどがあると感染した可能性が高くなります。
多くの人が良くかかる風邪ですが、いわれとして風邪は万病の元とよく言われます。
風邪を引いたとしたら、その他の病気にもかかっているかもしれない、かかりやすくなる可能性があるので注意してくださいの意味でしょう。
それは風邪が免疫力に関わる病気だからでしょう。
風邪は風邪ウイルスに感染することで発症しますが、通年に渡って身近に存在します。
ですから多くの人はいつでも感染するチャンスがあります。
でも免疫力が高ければ感染する前にウイルスを撃退してくれます。
それなのにかかったのは免疫力が低下しているからです。
他の病気にもかかる可能性があるので注意が必要です。